『一万人プール』いよいよオープン!

画像
















子ども達が待ち望んでいる「一万人プール」がいよいよオープン致します。
正式には7月15日(土)からのオープンとなりますが、今年もプレオープンがあり一週間前の8日、9日の2日間だけちびっこプールと波のプールのオープンになるようです。なので料金もお安くなっています。

我が家も息子の夏休みと私の夏休みが重なる時によく一万人プールに出かけけます。

画像

『空気シリーズ』またも空気について

画像

















またも引き続き「空気」についてですが、空気と言うのは人の身体と本当に密接に関係しています。

なぜなら、写真にもでているように、人が1日に体内に取り込む空気の割合は、食物8%、水分7%に対して85%にもおよびます。さらに重さで表すと飲食物が1日2キログラムに対し吸い込む空気の量は20キログラムです。空気をもっと意識しないといけません。

朝の澄んだ綺麗な空気だったらおいしくてクリーンな気がしますが、ビニールクロスや張り合わせの建材などで仕上がった家の中の空気は出来れば吸わずにいたいものです。

その為にも、家の中の空気環境をより安心出来るものにしておくことが大切です。ビニールクロスを回避したり、木で出来た物を使ったり、漆喰や珪藻土などを使ったりと、出来れば自然素材で仕上げ、マイホームの室内空気環境は少しでもクリーンな状態にしておきたいものです。

画像

『室内空気』一生でどれだけ吸い込むか

画像
















空気の入れ替えが行われない部屋に長時間居ることは、人の身体にとって好ましくありません。

建材などに含まれるホルムアルデヒド・アセトアルデヒド・トルエンなどの有害物質は、人体に悪影響を及ぼすシックハウス症候群の原因物質として知られています。さらに、排泄・喫煙・調理・食事などの行為も、空気環境を汚染させる要因となっています。

「健康の第一歩は室内空気」といっても過言ではありません。

見出しの答えですが、人が一生で摂取する空気のうち『57%』が室内空気です。

家づくりにおいて無視することができない、重大な事実なのです。

新建材やビニールクロスなどで仕上げる住宅には注意しなければなりません。














『朝の空気は新鮮です』

画像

















5月頃から再開した朝のウォーキングなんですが、5時を少し回った頃玄関のドアを開けると同時に、朝の草木を通り抜けた風が吹いて来ます。そこで深呼吸をすると、少しひんやりとしたその風は体の中もすーっと吹き抜けていくように感じます。早朝のとてもきれいな空気です。

早起きが気持ちいいと感じるようになってしまった今日この頃です!


画像

『デザイン賞を取ったモデルハウス』見学会を行います。

画像

















三成ホームの石田です。梅雨に突入して日差しが強い日は暑く、天気が悪い時はじめじめして蒸し暑かったり。かと思うと肌寒かったりと体調管理が大変な時期ですよね。

前回ご好評につき、今回もご紹介させていただくモデルハウスは、高気密・高断熱仕様の建物になっております。上に書いたような季節の中で驚きの性能を発揮致します。
おそらくどの状態の天気でも、今まで体験したことがないような室内環境を感じていただけると思います。

詳しくはアドバイザーまでその秘密をお訪ね下さい。

まずは一度体感していただければと思います。














画像

『我が家の愛猫』

画像
















我が家の愛猫のリリは、毎朝私と一緒に起きるのですが、というよりはだいたい起こされる感じです。目覚ましのセットしてある時刻近くになると、私の側をウロウロし出すので気配をかんじて起きるわけです。

そしてリビングへいくと「ゴハ~ン、ゴハ~ン!」(そんな風に聞こえるのですが)と鳴き朝ご飯をねだります。本当に可愛い存在です。
(*写真は、みんなに相手にされない時間帯に過ごすキャトタワーでのリリです)













『太陽と上手に付き合う』

画像
















家づくりをするにあたり太陽と上手に付き合わなければなりません。

夏は日差しを遮り、冬は光を熱として取り込むのがベスト。
太陽の季節ごとの角度を考慮したり、窓の大きさや位置などにも配慮し、それぞれの季節の太陽と上手に付き合う事が、屋内のエネルギー消費に大いに関わってくるのです。

画像

『上棟式』 at 益子

画像
















昨日、益子町の役場近くで、無事上棟式を執り行うことが出来ました。
店舗兼用の住宅と言うことで、お父さん・ご主人さん・奥様を中心に「アトリエ建築家」と、お店の事、お住まいの事などををいろいろとご相談させていただきましたので、カッコいいデザインの素敵なお家になることと思います。

式の方はご家族皆さんでご参加いただき、式の最中もお利口さんだった二人の小さなお子さんが場を和ましてくれました。
一番上のお姉ちゃんも部活があったのですが、なんとか記念撮影には間に合い写真におさまることが出来良かったです。

これからケガ・事故のないよう、ご希望のお家が出来ますよう誠心誠意工事を進めて行きますのでもうしばらく完成までお待ち頂けたらと思います。

本当に「上棟式」おめでとうございました。















「キッズウィーク」どうなりますか?

画像
















。政府は、小学生らが夏休みなど長期休暇の一部を別の時期に分散して取得する「キッズウィーク」制度を検討していることが明らかになったと共同通信などが5月24日に報じました。

朝日新聞デジタルによると、2018年4月からスタートを目指し、大人の有給休暇の取得を促すのが狙いのようです。全国の小中高校が対象で、夏休みの開始や終了時期を地域ごとに変え、休暇の一部を別の時期に移し替える。
公立校は義務化を目指し、私立校には協力を求める方針だそうです。

賛否両論ありそうですが、まずはもう少し動向を見守りたいところです。














「大好評!平家のモデルハウス」見学会

画像
















ご見学された方が、皆さんおっしゃるのは、

「何かのお店屋さんかと思いましたが、やっばりどこか外国の雰囲気ですね」

「平家の家ってめったに見られないから、本当に参考になりました」

と言うご意見も多いのですが、2階建て希望の方にも
「参考になる箇所があちこちにあり素敵でした。」
と、とにかくあまり他で見られないところがたくさんあり大好評です。

感性は人それぞれですから、まずは一度ご見学してみて下さい。

※ 見える部分だけでなく建物の基本構造など、見えない部分にも家づくりの大切な要素が含まれています。(詳しくは家づくりアドバイザーまでお訪ね下さい)

画像

「朝日?」

画像
















少し前から早朝ウォーキングを再開しました。朝起きて外が暗いとさすがに歩く気になれないので最近また始まりました。

写真は3~4日前の朝5時半頃の東の空なのですが、霧がかかっているものの太陽と思いきや月でした。ちょっと驚きました。

さて、ウォーキングは少しの時間で誰でも出来るダイエット法ですよね。

その効果は多く、有酸素運動により心肺機能や体力が向上し、活動の意欲が高まりストレスも発散され気持ちも安定してくるようです。

ちなみに脂肪燃焼効果が現れるのが20分以後のようなので、ちょっと頑張らないといけないですね。












「わが家のくつろぎの時」

画像
















仕事を終えて家に帰り着き、「ふっ」と一息ついた時、優しい明かりと好きなお酒で自分だけの「くつろぎの時間」の始まりです。

思うのですが、やっぱり明かりってTPOに合わせで使う分けることが大切なようで、人間のリズムは明るさと比例していて、活動的なときは明るい昼光色、だんだん眠りに近付くにつれて電球色へと変えていくのがいいようです。

最近のLEDは一つの照明で両方調整出来るようになっています。照明も便利になりましたね。













「24H換気は熱交換型を!」

画像
















家づくりをする上で、24H換気の取り付けが義務付けられていますが、主に
壁付けしたファンを使って外気を取り入れ、室内の汚れた空気を外へ排気するのが一般的です。

しかし、季節によってはエネルギーの無駄使いになってしまいます。
例えば冬の時期だと、室内は暖房をしていますが、ファンからは外の冷たい空気が入り込んでしまいます。当然夏は逆の現象が起こってしまいます。

そこでエネルギーロスを少なくし、クリーンな空気を取り込み、湿度の調整もしながら、冬は冷たい外気を、室温に近い温度に暖めて室内に取り込み、夏は暖かい外気を適度に冷やして取り込んでくれるのが「熱交換型24時間換気装置」です。

また、気密の高い家だと、換気をしないと部屋の空気がこもり、快適性と健康に悪影響を与えてしまいます。
例えば寝室に溜まった二酸化炭素は睡眠の質を悪化させ、子供の勉強部屋では集中力や記憶力を低下させてしまいます。
また、湿った空気はそのままにするとカビやダニの発生を促し、アレルギーを引き起こしたりします。

以上のようにこれからの家づくりには欠かせないのが「熱交換型24H換気装置」です。

安心していただけるように三成ホームでは既に標準仕様となっております。

上の写真は実験装置なのですが、三成ホームにありますので一度体感してみて下さい。

画像

「寒い時の事を忘れずに!」

画像
















さぁー桜も満開を迎え、徐々に美しい桜吹雪きとなって花見のシーズンも終わりとなってきます。
これからはだんだんと暖かくなって、すがすがしく生活しやすくなってきます。

ところで、上のグラフにもありますが、浴室の事故は圧倒的に冬場に起きています。そこで、これからの季節での家づくりで、忘れてはいけないのが、冬の寒い時の事です。

これからの季節だと、暑さ対策に偏りがちになりますので、くれぐれも「暖かい家づくり」についても考えなえながら進めて行きましょう。













「わが家の癒し」

画像
















わが家はみんな愛猫のリリに癒されています。

テレビも時々気になって見いっていることがあるのですが、またこの後ろ姿が可愛くて癒されてしまうのです。













これからの家づくりは「高性能住宅を!」

画像
















現在、地元真岡市では、数えきれない程の建て売り住宅が建てられています。確かに価格も安いしお求めやすいのだと思いますが、実際性能はどうなのでしょうか。

例えば、高性能で高気密・高断熱の家だった場合、夏は涼しく、冬暖かく小さなエネルギーで快適に過ごすことができ、光熱費を抑え経済的なメリットも得られます。初期投資を抑えられても、光熱費を多く払う家では、長い目で見たらどちらが正しい選択にといえるのでしょうか。

初期投資が200万~300万安く出来ても、多くの光熱費を払っていては、いずれ高性能住宅の費用と同じくなってしまいます・・・

まずは、高気密・高断熱のモデルハウスを体感していただき、そして性能の違いのお話しを聞いてみて下さい。

画像

「断熱性能を考えましょう」

画像

















ちょっと断熱のお話しを少しだけ。これからの家づくりに大切な事のひとつに「断熱性」があります。

上の図を見ていただけると解ると思いますが、断熱性能の高い家は、暖まった空気を外に逃がさなくなり、翌日の朝もふんわり暖かさが残っています。光熱費も抑えられ家計にもやさしいです。
他にも、暖かい家になると多くのメリットがありますが、後日またお伝え致します。













「タバコを控えて!」

画像
















なにかとタバコを吸う方には、片身の狭い今日この頃だと思います。以前私も吸っていたことがあるので、そのお気持ちはよくわかりますが、いざ辞めてみると、その煙の臭いことには本当に耐え難いものがあります。

問題なのは受動喫煙をどうにかしなければならないと言うことです。

先日、新聞記事で見かけたのですが、これから居酒屋などお酒を提供する場所でも、禁煙を義務化する流れがあるようです。
これから東京オリンピックがあったりと、なにかと外国のお客様を意識しなければならない事があったりと、日本も徐々に迎える態勢を整えなければなってきているようです。

わが家の愛猫のリリ

画像
















わが家の愛猫のリリは、薪ストーブを着けると、必ずストーブの真ん前を陣取って「くつろぎの時間」を過ごしています。

私が先に座ったりしているといつの間にかすぐ後ろに「どいて」と言わんばかりに割り込んできます。可愛い愛猫の為速やかにどいてあげてしまいますけど。

画像

「ヒートショック」を無くしましょう!

画像
















もうヒートショックの怖さはご存知かと思います。特に栃木県にお住まいの方は要注意なのです。
全国でヒートショックでなくなる方は、17000人と言われます。(交通事故で亡くなる数が約4300人です)都道府県別で見ると一番数が多いのが栃木県です。建物が冬対応になっていないのでしょうね。ちなみに一番少ないのがなんと北海道なのです。北海道は寒い地域なので家の中を暖かくしますが、なんといっても建物自体の性能が違うわけです。

結論として、これから家づくりをする上で、暖かい家=高気密・高断熱と言う家づくりを目指さなければいけないのです。

画像